Intel Edison 秋葉原の秋月電子通商で衝動買いレビュー

土曜日にフラッと秋葉原にArduino買いに行ったらIntelのEdisonが売っていたので買ってしまったのでレビューしてみたいと思います。

Intel Edison Breakout Board Kit

とりあえず写真撮ったのではってくよー。

パッケージ

開封!

CPUみたい。CPUよりもちっちゃい。

with Breakout Board

Edison と Breakout Board を固定するためのネジも同梱されています。

めっちゃちいさい!

Breakout Board に挿してみた。

とりあえず触ってみる

EdisonのJ3ポートにマイクロUSBでmacに接続します。

Terminalを立ち上げてEdisonがmac側でシリアルポートとして認識するので下記コマンドを入力します。

% screen /dev/cu.usbserial-A903BTIZ 115200 -L

この状態では特に何も表示されません。J16ポートが電源なのでマイクロUSBケーブルを電源に繋ぎます。 macなどに繋いでUSBから電源供給しても良いですが不安定になるらしいので電源から直接供給が良いらしいです。

電源が入るとコンソールが走ってログイン画面がでてきます。

起動ログを見る

root/root でログインできます。

Linuxなので一般的なLinuxコマンドは使えるみたいです。viが使えたのが嬉しい!vimにしたい!

バージョンの確認をしてみる

root@edison:~# less /etc/version

edison-weekly_build_56_2014-08-20_15-54-05

shutdownしてみる

Linuxなのでshutdownももちろん可能です。shutdownコマンドでshutdownできます。

root@edison:~# shutdown -h now

shutdownコマンドを叩くとコンソールが走ってshutdownします。

shutdownログを見る

公式のGetting Startedを見てみる

https://communities.intel.com/community/makers/edison/getting-started

Intel Edison for Arduino を使った例で書かれています。LEDを光らせるのとWiFiのつなぎ方が載ってますね。

公式のSoftware   Documentationを見てみる

https://communities.intel.com/community/makers/edison/documentation

ドキュメント一式まとまっている。わからないことがあればここ見ればなんとかなりそうですね。

ファームウェアをアップデートする

J16ポートにマイクロUSBケーブルを挿してmacにつなぎます。 これでEdisonがストレージとして認識されます。

最新のファームウェアはここからダウンロードできます。 Edison - Software Downloads

ファームウェアの更新の仕方はここを参考にします。ちなみにmacです。 Flashing Edison (wired) - Mac

認識したEdisonのフォーマットがFAT16なのでFAT32にフォーマットします。 フォーマットが完了したらダウンロードしたデータを全部Edisonにいれます。

入れ終わったらJ3ポートにmacをつなぎ、J16ポートに電源をつなぎ直します。

Edisonが起動したらrootログインして、下記のコマンドをたたきます。

root@edison:~# reboot ota

これでファームウェアのアップデートがはじまります。

Poky (Yocto Project Reference Distro) 1.6 edison ttyMFD2

edison login:

こんな感じで終わるとアップデート完了です。

全部のログをみたい方はgistにはったのでみてください。

versionを確認してみます。

root@edison:~# less /etc/version

edison-rel1-maint-weekly_build_16_2014-10-14_14-56-19

これで無事アップデートが完了!

configure_edisonでWi-Fiを設定する

configure_edison コマンドで初期設定をします。

これらの設定が順番に行われます。

root@edison:~# configure_edison --setup

デバイス名

Configure Edison: Device Name

Give this Edison a unique name.
This will be used for the access point SSID and mDNS address.
Make it at least five characters long (leave empty to skip):

ログインパスワード設定

Configure Edison: Device Password

Enter a new password (leave empty to abort)
This will be used to connect to the access point and login to the device.
Password:

Wi-Fi

First-time root password setup complete. Enabling SSH on WiFi interface.
Do you want to set up wifi? [Y or N]:

Configure Edison: WiFi Connection

Scanning: 1 seconds leftt

0 :     Rescan for networks
1 :     Manually input a hidden SSID
2 :     FON_FREE_INTERNET
3 :     ...

Enter 0 to rescan for networks.
Enter 1 to input a hidden network SSID.
Enter a number between 2 to 10 to choose one of the listed network SSIDs:

Wi-Fiが設定できればネット接続もできます!

すべての設定が完了するとブラウザから確認できます。

ユーザーをつくってSSH接続する

ここまでできたらSSH接続とかしたいですよね。追加してみましょう。

root@funny_edison:~# useradd funnythingz

パスワードも設定します。

root@funny_edison:~# passwd funnythingz
Changing password for funnythingz
Enter the new password (minimum of 5 characters)
Please use a combination of upper and lower case letters and numbers.
New password:
Re-enter new password:
passwd: password changed.

ユーザーを作成できたらSSH接続してみましょう。

$ ssh funnythingz@192.168.0.7
funnythingz@192.168.0.7's password:
-sh: mesg: not found
funny_edison:~$

ログインできました!

ネットに繋がっているか確認してみましょう。

funny_edison:~$ nslookup google.co.jp
Server:    192.168.0.1
Address 1: 192.168.0.1

Name:      google.co.jp
Address 1: 173.194.117.183 nrt04s10-in-f23.1e100.net
Address 2: 173.194.117.191 nrt04s10-in-f31.1e100.net
Address 3: 173.194.117.184 nrt04s10-in-f24.1e100.net
Address 4: 173.194.117.175 nrt04s10-in-f15.1e100.net
Address 5: 2404:6800:4004:807::100f nrt04s06-in-x0f.1e100.net

googleも参照できました!良い感じですね!

切手サイズのコンピュータでここまでできちゃうと夢ひろがりまくりんぐですね! また何かしたらレビューします。