CoffeeScript入門 - .vimrc設定編

そろそろやっておこうと思ってCoffeeScriptをはじめてみた。とりあえずvim使いなのでvimrcの設定からはじめる。

vimでCoffeeScriptを幸せに書けるための便利なプラグインがあるのでまずはそれをインストールする。

↓これ使う。

https://github.com/kchmck/vim-coffee-script

NeoBundle使うとプラグインの管理が楽なので、先にNeoBundleのインストールをする。

https://github.com/Shougo/neobundle.vim

git cloneする

% mkdir -p ~/.vim/bundle
% git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim

git clone終わったら.vimrcに↓を追加

set nocompatible
if has('vim_starting')
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
endif
call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))
filetype plugin indent on

NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'
NeoBundle 'Shougo/vimproc

.vimrcに追加したらvim開いて↓を実行

:NeoBundleInstall

NeoBundleが使えるようになったらkchmck/vim-coffee-scriptをインストールする。
.vimrcに↓を追記する。

NeoBundle 'kchmck/vim-coffee-script'

au BufRead,BufNewFile,BufReadPre *.coffee    set filetype=coffee
autocmd FileType coffee    setlocal sw=2 sts=2 ts=2 et
au BufWritePost *.coffee silent CoffeeMake! -b | cwindow | redraw!
nnoremap <silent> <C-C> :CoffeeCompile vert <CR><C-w>h

.vimrcに追加したらvim開いて↓を実行

:NeoBundleInstall

vimでhoge.coffeeを開いてCoffeeScriptを書いたらCtrl+Cで右側にコンパイルされたJSのプレビューが表示されます。

hoge.coffee____tmp_coffee__-_VIM_—_vim_—_102×38