美人時計で画像を収集する際に使った計算式

美人時計の画像を収集する際に、時間で画像名が吐き出されているので、その吐き出しの計算式をおこしてみた。 画像収集バッチはRubyなんですが、今回ちょっとJavaScriptを使う機会があったので、JavaScriptで起こしてみました。

<div id="debug"></div>
(function(){
  var getid = function(id){
    return document.getElementById(id);
  }
  var debug = getid( 'debug' );
  var dateCount = function(arg){
    return arg;
  }
  for( var i = 0; i < 24; i++ ){
    for( var j = 0; j < 60; j++ ){
      if( i < 10 ){
        if( j < 10 ){
          debug.innerHTML += '0' + i.toString() + '0' + j.toString() + '.jpg' + '<br />';
        }
        else{
          debug.innerHTML += '0' + i.toString() + j.toString() + '.jpg' + '<br />';
        }
      }
      else{
        if( j < 10 ){
          debug.innerHTML += i.toString() + '0' + j.toString() + '.jpg' + '<br />';
        }
        else{
          debug.innerHTML += i.toString() + j.toString() + '.jpg' + '<br />';
        }
      }
    }
  }
})();

0000.jpg 0001.jpg ~略~ 2358.jpg 2359.jpg

まで表示されます。