Aptana1.5 インストールと日本語化

こんぬつわ。 JavaとかRubyとかやろうかなと思いつつも、結局気づいたらJavaScriptしか書いてない僕です。

JavaScripterな人たちにとって有名か有名じゃないかわかりませんが、Adobe AIRでAjaxやらMXML+ActionScriptを使ってデスクトップアプリが簡単(?)に作れるオーサリングツール、Aptana。AIRアプリをつくるときにものすごく重宝しています。 Eclipseを元に開発されたらしいので、(Eclipseのプラグインとしてのインストールも可)Java開発ならEclipse、JavaScriptならAptanaというイメージで使っています。

元々英語なので、インストール後に日本語化しなくてはいけないので、簡単に手順を。

[1] Aptana公式サイトから[Aptana本体をダウンロード](http://www.aptana.com/ “Aptana本体をダウンロード”) [2] ダウンロード完了後、インストール。 [3] 英語のまま使いたかったらこのままでも使えますが、日本語化するため、eclipseの日本語化プラグインを使います。(aptanaはeclipseをベースに作られているため使用可能)。 こちらから[Pleiade(安定版)をダウンロード](http://mergedoc.sourceforge.jp/index.html#/pleiades.html “Pleiade(安定版)をダウンロード”)します。 [4] Pleiadesを解凍し、featuresフォルダとpluginsフォルダをAptanaがインストールされているフォルダに移動し、コピーする。 [5] AptanaStudio.iniに下記を追記する。 -javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar Aptanaを起動し、日本語化されていればインストール成功

環境が整ったら、AIRを開発するための環境を整えたりすればおk(^q^)